スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一番つくりたかった「もみがら商品」!!



『もみがらチェア』。ついに完成!!

もみがらとのはじめての出会いが、
畑の真ん中で、もみがらを詰めた麻袋に腰かけたとき。
その座り心地がとてもよくて、もみがら商品づくりが始まったのです。

そのよさを伝えつつ、日常で役立つカタチ、大きさ、デザイン…、
何年もかかって、やっと商品化ができました(喜)。


KIMG0884_convert_20170122151906.jpg



もみがらは使っていくうちに、
殻が崩れてカサが減ったり、少々の粉も発生します。
自然の原理なのですが、きっとそういった理由から
いろんなモノがプラスチック等に代わっていったのかなと思います。


kokochi屋のもみがら商品もすごく長くは使えないかもしれませんが、
(あ、でも2~3年はまったく問題ないです)。
だめになったら、そのままゴミ箱ではなく、
中身のもみがらはぜひ土の上に広げて、土に返してあげてください。


KIMG0890_convert_20170122142639.jpg

KIMG0829_convert_20170122142705.jpg

kokochi屋の『もみがら商品』オリジナルタグをつくりました。
もみがらのマークですよ(^J^)

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

nao

Author:nao
札幌から当別へ移住。
50%自給自足と自立を目指して、
羊とニワトリを飼いながら、家族とエコ的・農的・田舎暮らしを愉む日々。

小さな花苗屋『はっぱごこち』、および『kokochi屋』にて農的手づくり商品開発中。

※カテゴリ別にご覧ください。
※facebook『はっぱごこち』および、ネットショップ開設!!

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。