とうべつの雑貨市へお越しください

いよいよ開催が迫った、『てづくり市 inとうべつ』!!

このイベントは「とうべつにゆかりのある方」に限定して出展を募集。
そのため、他とは大きく異なる特徴をもつことになり、
いまやマチおこし的な要素も含んでいるのではと思い始めています。

2017てづくり市ポスターout_convert_20170315090136

というのも、実は当別町にはたくさんのプロの作家さんがいて、
さらに個人や農閑散期に趣味でなどとつくっている方々も。
といってもクオリティは高く、
すてきなモノたちがたくさんこのマチで生まれているのです。

プロの方々もマチを盛り上げるためにと、一緒に参加いただき、
趣味だった方は、地元で開催するイベントならと一歩踏み出し、
はじめての販売に挑戦されたり。

知り合いが知り合いを呼び、とうべつ作家の輪はどんどん広がっています。


12717608_515780175275428_2839464293098435664_n_convert_20170315090643.jpg

「てづくり」をキーワードにとうべつ農家さんの野菜も。


16735214_1245495358898817_1170806124_o_convert_20170315094251.jpg

全国区で活躍されている先生の、てづくり焼き立てパンも(^J^)


いいひと島_(2)_convert_20170315090828

大きな文化センター等での講師さんからは、多肉寄せ植えも


地元主催メンバーが顔の広い方が多く、年齢幅もあるので、
集まる出展者さんの年齢層やジャンルが広いのも大きな特徴。
これも地域のイベントならではです。


バークラフト_(3)_convert_20170315090853

うるーうーる_convert_20170315094535

これからきっとどんどん活躍していくだろう作家さんも多く、
毎回の作品を見るのもとても楽しみです。


そして、私の今回の出品はこんな感じ。
廃材や農副産物、自然素材でつくる作品です。
小さい手しごとですが「地域資源の循環」が大きなテーマ。

KIMG1164_convert_20170315104940.jpg


それぞれのいろんな想いが詰まった地域のクラフト市。

(他イベント主催者さまの出展スカウトにもぜひ)
(カフェや雑貨店など経営者の方もバイヤーとしてどうぞ)

2世代3世代のご家族でも楽しめます!

ぜひ「てづくり市 inとうべつ」へ、
皆様のご来場お待ちしております!!!


※出展者紹介やダイジェストは→こちら

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

nao

Author:nao
札幌から当別へ移住。
50%自給自足と自立を目指して、
羊とニワトリを飼いながら、家族とエコ的・農的・田舎暮らしを愉む日々。

小さな花苗屋『はっぱごこち』、および『kokochi屋』にて農的手づくり商品開発中。

※カテゴリ別にご覧ください。
※facebook『はっぱごこち』および、ネットショップ開設!!

検索フォーム

QRコード

QR