cafe megi シェフの息子

この度、敷地内にダンナが建てたカフェスペース。
名前をcafe megi(カフェ・メギ)といいます。

調理科高校に通う息子が、夏休み帰省中に
そのカフェで食事を提供してみたいと言い出し、
週末の2週にわたり、期間限定でオープンしました。

応援をかねてご予約いただいた皆様には、本当に本当に感謝です。
ありがとうございましたm(__)m




食材は、うちの羊肉(マトン)と農薬・化成肥料不使用の野菜を中心に、
プラスご近所の日ごろお世話になっている方々が育てた無農薬や低農薬野菜を加えます。

学校で学んだことを基本に、
それぞれの素材をおいしく提供できるメニューを息子自身が考え、試作し、
ジャンルにとらわれない和洋さまざまな料理が並ぶ、
すてきなワンプレートが仕上がりました。

IMG_1502438353557_convert_20170814173946.jpg


メニューをつくり、実際に提供する、ということは、思ったより大変で、
息子もダンナも私もとてもとても勉強させていただきました。

その中で、おもしろいな、と思ったことは、
3人がそれぞれ違う立場で考えている、ということ。

KIMG2148_convert_20170814174316.jpg

息子はもちろん料理人としての立場で。

KIMG2090_convert_20170814174208.jpg

KIMG2016_convert_20170814191709.jpg

私は、自分が育てた野菜たちを上手に無駄なく生かしてほしい、
お世話になった方々のおいしい野菜を紹介したい、
といった生産者側からの立場。

KIMG2216_convert_20170814174358.jpg

ダンナはというと、仕入れや光熱費、かかる原価などの経営的視点からの立場。

KIMG2142_convert_20170814174119.jpg

正直、色々もめました(笑)。


でも、いわゆるこれって、生産からサービスまでの小さな6次化だな、と。

自分だけなら、そんなことって、思うことも、
違う立場では重要なことで。
異なる意見は時にぶつかりながらも、妥協点を探し、
最終目標に向けまずは協力する。


今回、パーフェクトではなくとも、
多くの方に「すごくおいしかった、よかった」と言ってもらえたことが
本当によかったです。

お客様に喜んでもらうこと、
それが、ひとまず私たちの最終目標だったから。

IMG_1500281699379_convert_20170814174907.jpg

息子は寮に戻りますが、
小さなcafe megiの挑戦は続きます。
フェイスブックは→こちら

今後ともどうぞよろしくお願い致しますm(__)m



スポンサーサイト

comment

本日

本日子供と寄らせてもらった者です。
こどもは素足で気持ち良さそうで、またおじゃましたいと思いました♪
今度は羊さんの中敷を求めてうかがいます。ご丁寧に色々教えてくださりありがとうございました!
  • 2017/08/16(水) 15:56 |
  • ユウ |
  • URL
  • [編集]

Re: 本日

ご来店ありがとうございました! 
羊が近くにいると、お子さんも喜ぶのですが、遠くにいるときで残念でした。
またどうぞゆっくりお越しくださいね!

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

nao

Author:nao
札幌から当別へ移住。
50%自給自足と自立を目指して、
羊とニワトリを飼いながら、家族とエコ的・農的・田舎暮らしを愉む日々。

小さな花苗屋『はっぱごこち』、および『kokochi屋』にて農的手づくり商品開発中。

※カテゴリ別にご覧ください。
※facebook『はっぱごこち』および、ネットショップ開設!!

検索フォーム

QRコード

QR