スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

つくってよかったオリジナルタグ

昨年の冬、ずっとつくりたかった「もみがらチェア」の姿形がまとまり、商品化にむけて、
こちらもずっとつくりたかったけれど経費を考えると二の足を踏んでいた「オリジナルタグ」もつくることに決めた。

KIMG3001_convert_20180224091754.jpg

当店の名は「kokochi屋」なのですが、
近所のお友達の話で、ショップ名が入ったタグってあんま嬉しくないよね、と聞き、
悩みに悩んで、「Rural design kokochi」=田舎の心地よいデザイン
として、横にもみがらのマークをつけたタグデザインにしました。
(自分でイラレでつくりました)

kokochi屋_(2)_convert_20170315105308

チェアは、少しざらっと感のある無地のコットンリネンを選んでいたので、
ポイントになるタグがどうしても必要と思いました。
(「一番つくりたかったもみがら商品」ブログは→こちら

オリジナルタグ制作はネットで検索するといろいろ出てきて、
いざつくろうと思ってもショップ選びからタグ素材、サイズなどなどいろいろあり過ぎ、
見本写真は掲載されていても実際目で見て触ってみれる訳ではないので、
最終的には、もういちかばちかの注文に(笑)。
最少注文はどこもだいたい100枚で、安いものを選んでも1枚@150円くらい。

小さな売上でやってる当店にとっては大きな出費。

でも、いちかばちかの注文が運よく仕上がりがよく、
結果的には本当につくってよかった。


そしてこのタグ、実はいろいろなバリエーションでつかえるように
考えているのもポイントなのです!


KIMG2871_convert_20180224091857.jpg
「もみがらまくら」

KIMG2378_convert_20180224091949.jpg
「もみがらお昼寝クッション」「もみがらマット」

これらの「もみがら商品」はアイテム数を増やし、
タグがそのままポイントに。



そして、もみがらはつかわないけれど、
使い捨てじゃないものや天然素材のものなど、
田舎らしい環境にやさしい商品には、
タグを半分に折ってつかえるようにしたんです。
(もみがらマークを隠してつかう)

IMG_1507091509877_convert_20171025094556_convert_20180224102013.jpg
「ホーリーバジルサシェ」

IMG_1517712127847_convert_20180224092044.jpg
「裏地がリネン 布マスク」



何通りにもつかえると経費削減にもなります。


KIMG3145_convert_20180224092608.jpg

最新作「もみがらざぶとん」には挟み折りで使用。



ものづくりをしている方、オリジナルタグ検討している方など、
何かの参考になれば(^J^)


スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

nao

Author:nao
札幌から当別へ移住。
50%自給自足と自立を目指して、
羊とニワトリを飼いながら、家族とエコ的・農的・田舎暮らしを愉む日々。

小さな花苗屋『はっぱごこち』、および『kokochi屋』にて農的手づくり商品開発中。

※カテゴリ別にご覧ください。
※facebook『はっぱごこち』および、ネットショップ開設!!

検索フォーム

QRコード

QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。