FC2ブログ

青空と樹氷といつもの道

朝の風景 

この季節、澄み渡る青空の日は、相反してかなり冷え込んでいる。
いつもの道は、キュッキュッという足音を合図に、別世界へいざなう。

仕事場までの1キロの道。

 

朝の太陽の光が雪に反射してキラキラ輝き、
陰を背景にすれば、たちまちダイヤモンドダストが現る。

道沿いの大木には樹氷が咲き乱れ、
山は針葉樹の深緑と広葉樹の樹氷の白が見事なコントラストとなる。

樹氷

朝だけの世界。
この風景は「地域の宝モノ」である。

スポンサーサイト

comment

post a comment


管理者にだけ表示を許可する

trackback

プロフィール

nao

Author:nao
札幌から当別へ移住。
50%自給自足と自立を目指して、
羊とニワトリを飼いながら、家族とエコ的・農的・田舎暮らしを愉む日々。

小さな花苗屋『はっぱごこち』、および『kokochi屋』にて農的手づくり商品開発中。

※カテゴリ別にご覧ください。
※facebook『はっぱごこち』および、ネットショップ開設!!

検索フォーム

QRコード

QR